ビールの泡へのプリント例|FL200の使い方のヒント

フードプリンタFL200を使っての泡アート、ビールの泡へのプリントの例です。人気の泡アートを可食プリントで作ることが出来ます。

ビールの泡への印刷時の構成・環境

ビールジョッキに合わせた高さ調整を行います。
フードプリンター

FL200

高さ調整M10-300を挿しこみます。

※別途、可食インク、ACアダプタが必要です。

フードプリンター

高さ調整M10-300

ビールジョッキの高さに合わせてプリンタに挿しこみます。

※別売りです

フードプリンター

早締めナット

高さ調整M10-300を固定します。

 

高さ調整後のプリンタのイメージ

フードプリンター

高さ調整M10-300でFL200の高さを調整したイメージです。

 
 
 

アプリでの印刷方法

オリジナルプリントを使ってプリントします。配置したビールをキャプチャー撮影します。

※下記のアプリ画像は動画中の画像とは異なります。クッキーでの配置例ですが基本動作は同じです。

キャプチャーを撮影します。

画像を配置していきます。

配置し終わったら【印刷開始】ボタンをタップすると、印刷処理が起動します。

印刷プレビュー画面が開きます。【印刷開始】ボタンをタップすると、印刷処理が起動します。

印刷処理中です。 印刷が完了すると元の編集画面に戻ります。

使用した素材

ビールを使用しました。